2015年06月15日

木下綾乃「ねこをもらったよ」原画展を見に

vie.jpg
ギャラリーvieに木下綾乃「ねこをもらったよ」原画展を見に行ってきました。
展示は6/21(日)まで行われています。*6/15休

以前より木下綾乃さんのイラストが好きで、お手紙について書かれた本を今も大切にしています。今日は在廊されていると聞いていたので、今日しかないと思いました。
原画は優しくて、あたたかくて、丁寧で、心に沁み入りました。そして初めてお会いできて、子どものように喜んでいました。

今日はアアルトコーヒーさんのコーヒーイベントもあるというので、こちらも楽しみしていたところMちゃんとTさんといっしょになったのでした。
窓際の席に座ってコーヒー片手に気がつけば夕方まで話し込んでいました。
posted by haruru at 00:54| 兵庫 ☁| Comment(0) | 展覧会に行く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月03日

今年も、松山秀太郎ペーパーモデル展

DSC03537s.jpg

DSC03550s.jpg

DSC03549s.jpg

今年で三回目になる、
秀太郎くんにとっては中学二年生の
個展に行ってきました。

今年も、もう笑顔がはちきれそうで
私はそのうれしそうな顔、来ていらっしゃる方々のお顔を拝見できるだけで
うれしくなってしまいます。

鉄道のこと車両のことなど全く知らなかった私が
毎年秀太郎くんの話を聞き、作った車両をみているうちに
こんなに親近感を持つなんてという感じです。

設計図もなく、フィルムカメラであちこちで撮影した写真と、そこで出会った人とのお話も含めて
秀太郎くんの模型が出来上がっていくんだろうな。
今年はさらに小さくなったものが登場。
ANTという車両の模型が中心です。
ティッシュを張り合わせたり
指より小さいパーツをいったいどうやって作っているのかと
妄想ばかりが膨らみます。


DSC03559s.jpg

帰りに、いっしょに展示をみていて、三年前に秀太郎くんと引き合わせてくださった村東さん夫妻とごいっしょに
駒鳥姉妹店へ。
知っている人がスタッフでまたまたびっくり。鳥にこだわった店内でゆっくりと鳥談義に花が咲きました。かわいいに傾きすぎないシンプルで少し男っぽい店内が居心地よかったです。

**************************************
第3回松山秀太郎ペーパーモデル展
R+Sギャラリーにて
残りの一日は…来週11/10(日)13:00-18:00までオープン
大阪市北区天神橋3-7-32
http://yahoo.jp/iV-X_K
posted by haruru at 22:30| 兵庫 ☔| Comment(2) | 展覧会に行く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月27日

アートハウスへ行きました

DSC03189s.jpg

DSC03186s.jpg

DSC03182s.jpg

DSC03184s.jpg
アートハウス1F
谷口聡子「窓辺にキノコを」と
oampo with Naoko Izawa「あき、ふゆ、さんぽ」を
見に行って来ました。

壁面は谷口さんのきのこたちの世界が広がっていて
いつものアートハウスと少し違った雰囲気で
ゆったりと見られました。
きのこ、1本1本細い糸を編みこんで
複雑で絶妙な色に仕上がっていて
実物をみるとじわじわとそれを感じます。

DSC03187s.jpg

入り口入ってすぐのoampo with Naoko Izawa
スペースには
ニットの小物といざわ直子さんのイラストが。
いざわさんの描いた人物がosampoさんの小物を身につけたイラストが心地よかったです。

posted by haruru at 23:17| 兵庫 ☁| Comment(0) | 展覧会に行く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月03日

松山秀太郎ペーパークラフト展2012

DSC02479s.jpg
昨年に引き続き、今年も松山秀太郎ペーパークラフト展を見に行きました。
秀太郎くんは中学1年生で、個展を心から楽しんでいるのが伝わってきます。
会場には秀太郎くんの作ったものがいっぱい。材木もバルサを削って作ったんだそう。
覚えていてくれたのにまずびっくりしながら、いっぱい解説を聞いてきました。

DSC02483s.jpg
鉄道のこと全くの素人の私ですが、ひとつひとつ丁寧に見たくなって虫眼鏡使って見ていきました。手描きの文字にほれぼれ。

DSC02485s.jpg
定規は使わずカッターナイフで手作り感を残しながら作っていくのだそう。すべて計算づくだと絵画教室の先生が教えてくれました。教室の子どもたちも影響を受けて作るのにチャレンジしたりしているそうです。

DSC02488s.jpg
DMは、切り取ってボンドで貼り付けると、ペーパークラフトができるようになっていて、それを実演してくれました。よく見ると解説ものりしろもないんだけど、わざとなんだって。(笑)
手にはバンドエイドも見えます。

私はこれくらいしか撮れていませんが、もっと素敵な写真を載せておられる方がたくさんいらっしゃいますので、検索してみて下さい。
9日(日)13:00~17:00にも展示があります。
場所 R+Sギャラリー
大阪市北区天神橋3丁目7-32
堺筋線扇町駅、南森町駅から約300メートル
JTBたびプラザ南森町すぐ
posted by haruru at 20:57| 兵庫 ☔| Comment(0) | 展覧会に行く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月12日

たあつこさんの『ユタカ荘の森』に行きました

yutaka.jpg
皆既月食の興奮から今だ覚めない昨日、我が家に届いたすてきなDMに誘われて…奈良は畠田まで行ってきましたよ。

駅からてくてく歩くと、すてきな洋風の建物が…。ナナツモリさんというカフェ。すっかりテンションあがったまま店内へ。
二階にあがると、いつものほがらかなたあつこ=かおりさんがお出迎えしてくれました。

DSCF6735s.jpg
すごく人形を作りたくなったんだそうです。ユタカ荘のいろんな訳アリ住人たちがあちこちに…。
DSCF6757s.jpg
イラストがまたすてき。

この日は、「人形作り」のワークショップがあったので子どもたちに混じって私も一人で参加。厚紙を切ったり布を貼ったり。はい、あんまりおもしろくて熱中してました。
DSCF6767s.jpg
私は、クマを作りたくなったのでこれを作りました。その後女の子を作ろうと決めていたのが時間がなくなってしまいました…。また、作りたい〜!!
posted by haruru at 22:04| 兵庫 ☁| Comment(0) | 展覧会に行く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月07日

TASTING ART EXHIBITION 02を見ました

tasting_art.jpg
こちらはTASTING ART EXHIBITION 02に出品されているiD.泉屋宏樹さんと株式会社a.a.c浦田さんのアクアリウムのコラボされた作品です。(フラワーアレンジメント:RIN KANAYA)
季節をイメージしてそれぞれが個性的な水槽になっていて、特に私は冬をイメージした水槽を食い入るように見ていました。
夏に訪れた須磨水族園で見た魚がいたのもあってテンション上がりました。


昨日、無事雑貨の納品を終え、深〜い眠りについておりました。
納品した雑貨は後日アップさせてもらいます。

途中で、梅田の阪急百貨店メンズ館で始まったTASTING ART EXHIBITION 02を見てきました。
こちらの展示は、メンズ館の1階から3階のあちこちにアート作品が並んでいます。

メンズ館に入ったのも初めてだったので、ショップもとても個性的なところが多くそのなかに
アートが点在。宝さがし気分で楽しませてもらいました。

水槽の作品は3階のエスカレーターをのぼったところにあります。(エスカレーターは複数あります)

10月6日(水)から11日(月・祝)の6日間。
阪急百貨店メンズ館
posted by haruru at 20:22| 兵庫 ☀| Comment(2) | 展覧会に行く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月01日

トンカ書店 「かえる屋、走る」&みみみ堂「つきのはな」

rokko22.jpg
写真は、先日の六甲山での写真です。ちょうちょがたくさんいました。

夕方から買出し第二段。
紙、布、金具、絵の具などを買った後大急ぎでトンカ書店さんへ。
きょうからはじまった こゆか イラスト展 「かえる屋、走る」を見てきました。
人力車をひく、かえるの活躍の様子がとても生き生きと描かれていました。
建物がまた楽しかったです。

その後、みみみ堂さんへ松栄舞子さんの「つきのはな」を見に行きました。
まずはハーフ&ハーフのカレーを注文した後、作品をじっくり見せてもらいました。
ラムカレーとレタスの入ったトマト味の本日のカレーどちらもじわっと広がる香ばしさに
大満足でした。

松栄さんの作品は今までと少し感じが違って、今の季節にぴったりな
見る人によっていろいろ想像がふくらみそうな作品がたくさんありました。

昨晩、「パピヨンの贈りもの」という6年前の映画を見ました。
おじいさんと女の子がイザベルという「ちょう」を探しに旅にでかけるストーリー。女の子の質問が鋭くて
おもわずドキっとしていまう、ほんわかやさしい中に本質が垣間見える印象に残るお話でした。
posted by haruru at 23:53| 兵庫 ☁| Comment(0) | 展覧会に行く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月26日

六甲ミーツ・アートを見に

rokko01.jpg

先日開幕した、六甲ミーツ・アートを見に六甲山へ行ってきました。
もちろん、これからの作品展や展示の諸々の準備を兼ねています。
11月にいっしょに展示をする相方がただいまスペインへ旅行中のため、私も準備をしないとと気合も十分です。(笑)


ご存知の方もおられると思いますが、六甲ミーツ・アートは六甲山の観光施設を使ってさまざまなアートが見られる11/23までの期間限定のイベントです。

ようやく晴れた今日、オープン後まもなくから夕方までほぼ一日。全部は見られなかったけれど、刺激を受け、楽しめました。
室内での展示とかなり違うところは、まずは自然ありきというところでしょうか。スケールも大きいことは想定していたけれど、日によって時間によって見る人によって受け止め方がさまざまだし、その分子どもも大人も楽しめてほんとうにいいイベントだなと思いました。

特に高山植物園からホールオブホールズにかけてはさまざまな花やチョウ、トンボ、トリ、動物にも出会いながら突如作品が現れたり溶け込んでいたり。


六甲枝垂れ→六甲ガーデンテラス→六甲山高山植物園→ホールオブホールズ→六甲カンツリーハウス→六甲ケーブル山頂駅の順に回りました。

写真多いですが、よろしければご覧ください。

rokko02.jpg
rokko03.jpg
rokko04.jpg
rokko09.jpg
rokko11.jpg
rokko13.jpg
rokko16.jpg
rokko17.jpg
rokko18.jpg
rokko20.jpg
rokko21.jpg
rokko24.jpg
rokko25.jpg
rokko26.jpg
posted by haruru at 22:27| 兵庫 ☁| Comment(0) | 展覧会に行く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月05日

ゲゲゲと、束芋さん

暑かったけど、どうしても行きたかった美術展。
ずうっと行きたかったけど、貧血気味でこの夏は無理が効かず
いつもなら2つ3つとはしごするところを毎回行くのが一箇所がやっとだった。
制作も思うように進まず、自己嫌悪ばかりで、かなりモヤモヤしていた。
それがようやく叶った。

DSCF0556_2.jpg
兵庫県立美術館での「水木しげるの妖怪図鑑」展。
四時過ぎだったけど、真夏の日差し。岩屋駅からの道が遠かった。
めちゃめちゃおなかがすいていたので、館内のカフェでサンドイッチとドーナツをほおばる。急いで会場へ。

やっぱり人がたくさんで、行列して見た。
つぎつぎと妖怪が現れて、見ているみんなも楽しそう。
子どものころテレビで見た鬼太郎を思い出した。
昔の絵はほんとうにこわかったなあ。

どろたぼう、ざしきわらし、ひとつめこぞう‥。
最後に、伊藤若冲の描いた作品があって、その豊かな表情にうっとり。

後半に大きな立体がたくさんあって、ここでテンションがかなり上がる。
撮影できないのが残念。
おみやげにB5のノートを買う。


DSCF0559_2.jpg
今日は、中ノ島の国立国際美術館へ束芋(たばいも)展を見に行く。

映像による展示ということと、画風以外全く分からずに行った。
会場は入り口から真っ暗でいきなり面食らった。
そして、次々と違う手法で作品が展示されていて、
すっかり飲み込まれていた。
触れるわけではないのに、精神的にその肉感というか感覚が伝わってくる。

特に、新聞小説の挿絵とその小説の主人公をもとにした映像が作る世界に
驚いた。

DSCF0560_2.jpg
DSCF0565_2.jpg


今日のお供は、森絵都さんの『永遠の出口』。
夢中で読んでいたらあっという間に駅に着いた。

今日の出会いにありがとうです。





posted by haruru at 23:09| 兵庫 ☀| Comment(2) | 展覧会に行く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月16日

ひなたさんに行ってきました

DSCF9826_2.jpg

DSCF96752_2.jpg

「ひなた新聞」の展示の初日の今日、ひなたさんに行ってきました。
ほてった体を冷やそうと、カルピスミントを注文してから新聞の展示を見ました。
冊子になったひなた新聞と比べながら展示を見ると違いが分かっておもしろかったです。
動物の記事と奈良の記事が多かったかな?以前よりどんどん読みやすくなっている感じがしました。興味ある記事が多かったのでどんどん読み進みました。*冊子は販売しています。

お店でくつろいでいたら、雲行きが怪しくなりあっという間に雨が降ってきたのですが、あっという間に止みました。三日連続のにわか雨でした。


★みんなのひなた新聞に、記者として参加します。(イラストの展示ではありません)
 *30名ほどの記者が一枚ずつ記事を書き(描き)、その記事の展示を行います。
 *私のタイトルは、「水族館を楽しむ」で、イラスト入りのエッセイになっています。

 *2010/7/16(金)-27(火) 
 ギャラリーひなた*谷町六丁目駅四番出口出てすぐ
 定休:水、木 13:00-20:00 最終日18時まで 24日16時まで
posted by haruru at 22:44| 兵庫 ☀| Comment(2) | 展覧会に行く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月11日

「雨に唄えば」展 vol.2

132_2.jpg

なかむらかよこさんとカヌトンのともティさんの「雨に唄えば」展 vol.2見てきました。
外は雨が降ったり止んだりで、てるてるぼうずさんにぴったり。
私はストラップのてるてるぼうずを買いました。

「雨に唄えば」展 vol.2
7月10日(土)〜20日(火)
カヌトン

帰りに、同じ中崎町のbiscuit cafeさんに寄って、ペンギンなどのブローチを納品してきました。
posted by haruru at 23:25| 兵庫 ☔| Comment(0) | 展覧会に行く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月18日

サントリーミュージアムへ

DSCF9174.jpg

天保山のサントリーミュージアムに行ったのは一昨日。
真夏のような日差しの中、出かけてきました。
美術館に行くのは、久しぶりで、期待は高まります。
今回の展示は、rezonance(レゾナンス)。日本語では共鳴という意味で、人と響き合うアートがテーマでした。
現代美術作品が並び、いろいろと感じることがありました。見て、感じて考える。音声を使ったものは最も分かりやすかった気がします。
個人的には、伊藤彩さんの作品に惹かれました。

それにしても、今年でサントリーミュージアム天保山が休館するのは惜しいです。

6/20(日)までです。
posted by haruru at 22:52| 兵庫 ☔| Comment(0) | 展覧会に行く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月08日

いざわ直子さん「little WOMEN」

littleWOMEN.jpg

アートハウスさんに、いざわ直子さんの「little WOMEN」を見に行きました。
毎回毎回、新しいことにチャレンジしているいざわさんの展示。今回は「若草物語」の本の装丁ということで、どんな作品が並ぶのか楽しみにしていました。
布を生かして、モノトーンでさまざまな場面を表現していました。その表現力の豊かさに、どんどん引き込まれて行きました。

原画だから分かる、布の硬い感じ柔らかい感じ、光沢のある部分、黒とオフホワイトのグラデーション。
そこにさり気にさらりと描かれた表情に見入っていました。

いっぱい悩みながら作ったという彼女に驚かされます。苦労の分だけ、感動が生まれるんだろうなあと思いました。

DSCF8930.jpg
外からみた展示会場。ドレスの女の子の影が写っています。

DSCF8923.jpg
粘土の四姉妹。右から二番めの黄色の服の子を買いました。

明日6/9(水)お休み。6/15(火)まで。
堀江アートハウス


posted by haruru at 23:40| 兵庫 🌁| Comment(0) | 展覧会に行く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月27日

元町でギャラリー巡り

今日は、展示させていただいているカヌトンさんがお休みだったので、
元町のギャラリーに行ってきました。

100527_2313~0001.jpg

最初に、ギャラリーコロールさんへ朝野恵子さんの「月面サーカス」を見に行きました。赤と黄色で描かれたDMが気になってずっと手帳に挟んでいました。
線画と面で描かれたイラスト両方の展示は見ごたえがありました。

つづいて、bergさんでのsyakёさんの「雨の日は、」の展示へ。雨の日を楽しくすごせそうな、楽しいイラストがぎゅっと詰まっていました。とにかく楽しそうなイラストににっこり。

そして、ギャラリーvieさんでの太田朋さんの展示「山を歩けば」を見ました。山に行きたくなるような作品がいっぱいありました。気が付けば笑顔になっているいっぱいの作品に囲まれてくつろいだひとときを過ごしてきました。

それぞれの会場でご本人さんに会えてうれしかったです。
posted by haruru at 23:17| 兵庫 ☔| Comment(0) | 展覧会に行く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月08日

三宮へオジサマ展を見に行く

ojisama.jpg

今日は、グッズ制作をした後三宮へ。三宮で切らしていた絵画材料を買い、その足で北野にあるカフェテラス・オーへ。
ここでは先日「恋するしりとり展」にいっしょに参加したモッチちゃんと宇都宮主くんの「オジサマ展」が行われていて、お茶を飲みながら2人のオジサマ作品を見てきました。
2人の作風が全く違うのでそれも楽しめました。
5/30(日)までです。
posted by haruru at 21:52| 兵庫 ☁| Comment(2) | 展覧会に行く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月13日

大阪へ

image/2010-04-13T18:41:311今日は、天満橋のギャラリースプーンでの駒井和彬さんの個展のほか、福島のア、テールさんでのwakkunの個展に行きました。
駒井さんの空気感のある作品が並んでいて、静かでありながら想像が膨らんでいきました。
その後、wakkunの個展会場へ。
どんな作品かはご想像にお任せします。タイトルは「二人の空気」です。ご本人もいらっしゃってお話も聞けて、すっかり和んで帰ってきました。
何でしょうお人柄ですよね、会場にいる人みんなが友だちみたいな雰囲気になっていきました。
こんな展示は初めてでした。期間中ほとんど毎日来ている方がいらっしゃるのが納得です。また行きたいです。
posted by haruru at 18:51| 兵庫 ☔| Comment(0) | 展覧会に行く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月12日

ツダモトシさんの個展

tuda.jpg

今日は朝から雨ですね。
昨日はitohenで行っていた、ツダモトシ展の最終日に行ってきました。
場所は梅田から少し歩きます。道すがら、散りぎわの桜がとてもきれいでした。itohenさんには初めて行きました。とてもくつろげて、ゆっくりと展示を見る事ができました。
ご本人もいらっしゃって、お話をいっぱい聞かせてもらいました。
作品はアクリル絵の具で描いたもののほか、えんぴつで描いたものもありました。カタチがいろんなものにみえるような不思議なかたちのものがありましたが、それがすごくおもしろかったです。えんぴつのタッチも大好きでした。
posted by haruru at 08:31| 兵庫 🌁| Comment(0) | 展覧会に行く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月10日

布仁美さんの個展

nuno.jpg

先日、ギャラリー日音色さんでの布さんの個展に行きました。てまりを作っておられる作家さんで、今回は東欧の刺繍をモチーフにさまざまな手まりを出品されていました。
平面の刺繍をしてから立体のてまりの形を作るそうで、平面の形で見るのと違った形に仕上がるのがおもしろかったです。それから、布さんの色選びが絶妙で、乙女ゴコロをくすぐられるものがたくさんありました。
4/13までです。谷町六丁目「日音色」
posted by haruru at 23:59| 兵庫 ☁| Comment(0) | 展覧会に行く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月23日

みみみ堂さんへ〜松栄舞子さんの個展〜

DSCF6114.jpg

昨日、みみみ堂さんの三周年記念の松栄さんの個展に行ってきました。おいしそうな作品が多く、その中にくすっと笑う要素が入っていて楽しめました。
カレーはラムカレーと野菜カレーのハーフセットを注文しました。
以前は辛く感じたカレーですが、このところあちこち食べ歩きをした成果か(笑)辛いのが平気になりました。おいしかったです。

写真は看板です。
posted by haruru at 22:00| 兵庫 ☀| Comment(0) | 展覧会に行く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月13日

クリムト、シーレ ウィーン世紀末展

kurimuto.jpg

先週末サントリーミュージアムでの「クリムト、シーレ ウィーン世紀末展」に行きました。(12/23が最終日です)
日曜日の夕方にもかかわらず、たくさんの人がいました。
もう15年ほど前からクリムトの絵は大好きだったのですが一度も原画を見ることなく今回初めて目にしたので、もうすっかり舞い上がってしまいましたが、とにかくめちゃくちゃ上手い人ですね。線がきれいすぎてびっくりしました。
ウィーンの絵画をこのように一同に見たのは初めてだったのですが、見慣れているフランス絵画と少し傾向が違うように感じました。線が鋭く、ぐっと心に入ってくるものが多かったです。
特にシーレの作品には、いろんな感情がうずまいている感じがしました。

DSCF6015.jpg

途中、夕日が美しく見えるフロアで夕日が沈むまで海を見つめていました。もうまるで、美術館にいることを忘れて見入っていました。
ここが、来年末で閉まってしまうのかと思うとなんだか切なくなってしまいました。

DSCF6049.jpg

帰るころにはすっかり暗くなり、海遊館前の水のいきものたちのイルミネーションに思わずシャッターを切りまくっていました。
posted by haruru at 23:33| 兵庫 ☁| Comment(0) | 展覧会に行く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする